homeのぼり窯について陶芸教室お問合せ信楽道しるべリンク
しがらき焼 宗陶苑
宗陶苑のあらまし上田寿方作陶の歩み
   
●上田寿方作陶の歩み
大正14年9月 窯元宇左右衛門家五世宗五郎の長男として生まれる
昭和19年3月 信楽窯業学校卒業
復員後作陶に入る
続いて伝統工芸品焼成のため のぼり窯11室を開窯す
以降故四代上田直方の薫陶を受け信楽焼ののぼり窯焼成と茶陶の制作にて現在に至る
昭和21年1月
昭和46年 日本伝統工芸近畿展入選
昭和49年 信楽陶芸展入選 以後連続入選
昭和54年 通産大臣指定伝統工芸士認定
昭和54年 日本陶芸展優秀作品賞受賞
上田寿方(本名 宗寿)
昭和54年 信楽焼陶器工業組合理事長
昭和57年 朝日陶芸全国記念展入選
昭和61年 文化協会会長
平成3年 伝統工芸士会会長
平成4年 ニューヨーク、エベソン美術館出展
平成6年 伝統産業功労者褒賞受賞
平成15年 伝統的工芸品産業功績賞受賞
平成19年 叙勲 瑞宝単光章 受賞
昭和35年より全国各地百貨店画廊にて30数回の展覧会開催
日本陶芸展 入賞作
戻る
しがらき焼 宗陶苑
宗陶苑のあらまし上田寿方作陶の歩み
homeのぼり窯について陶芸教室お問合せ信楽道しるべリンク